光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛とレーザー脱毛の一番の違いは、照射する光の波長の種類です。光脱毛は、複数の波長を含んだ光を広範囲に照射しますが、レーザー脱毛は単一の波長で集中的に熱を集めて照射します。波長が揃っていると、より照射の威力が上がりますし、ピンポイントで照射したいところに照射できるので、効果も上がります。
 光脱毛は主にエステサロンで受ける脱毛方法です。光脱毛、フラッシュライト脱毛、IPL脱毛など色々な呼び方がありますが、機械やメーカーが違ったり、単にそこのエステサロン独自の呼び方だったりと同じものです。これらは美容目的となりますので、減毛や抑毛はできても、永久脱毛に至るにはなかなか難しいものとなります。レーザー脱毛と比べると、照射の威力は落ちますが、その分痛みも少ないです。ただ、威力が落ちた分、脱毛の効果を感じるには時間がかかり、部位にもよりますが、何年もサロンに通う必要があります。
 レーザー脱毛は医療用レーザーを使いますので、医療機関でしか受けられない脱毛方法です。施術も医療従事者が行う必要があるので、エステと比べると料金が高くなります。しかし、効果は高く、エステではなかなか言えない「永久脱毛」も期待できます。ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなど出力の高いレーザーを使用しますが、どれが良いといったものはなく、レーザー脱毛とあれば、効果は同じだと思って大丈夫です。前述したとおり、効果が高いのは照射の威力が高いため、痛みがあります。しかし、医療機関ですから、麻酔などを使用できる場合もありますので、それはカウンセリング時に話すと良いと思います。
 レーザー脱毛は痛みという一点以外は、光脱毛より少ない回数、年月で完了しますし、医療機関でおこなうため万が一のときもアフターケアが万全です。料金も一見エステの方が安く見えますが、レーザー脱毛の5回分は光脱毛の15回分相当ですので、そんなに変わりません。
 ご自身に合った脱毛法を選ぶと良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする